ブログ

Interop Tokyo 2017

こんにちは!
バーズ・ビューPRマネージャーの藤井です。

先日はInterop Tokyoに行ってきました。


Interopとは・・・
1994年から開催され、今年で24回となるネットワークコンピューティングに特化した
テクノロジーとビジネスの展示会です。

初めてのInterop Tokyoは、会場の広さに圧倒!
その広さでどこに行ったらいいのか迷ってしまうくらいでしたが

お付き合いのある「OPTiM」さんのブースで、お話を伺ってきました。

伺った時はちょうど、佐賀大学医学部 臨床検査医学講座 末岡榮三朗教授の
眼底画像をAIに学習させて早期診断に利用しようというセミナーが開かれたところでした。

*緑内障や糖尿病の診断には、眼底画像を読み取ることで診断ができるが
OCT画像機器といった1000万円もする専門の機器や熟練した専門医でしか診断がつかない
*眼底画像をAIに学習させることにより、どこでも誰でも診断できるように
*眼底画像を評価することにより、病気の経時評価や、他の血管系の病気診断にもつながる。
AIがまさに医療に生かされていることを実感するものでした。

ブースでは自宅でも療養ができるような「在宅あんしんパック」をご紹介いただきました!
・転倒などを検知したり
・ナースと話せる機能(テレビとウェブカメラをつないで画面を見ながら話せる)
・スマートウォッチによるバイタルデータを取得

病院から見守られながら、自宅で過ごしたい!
そんな希望を叶えるシステムでした。

ご紹介いただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. ForbesJAPANに続きMacfanに取材いただきました!
  2. 臨床救急医学会にてお会いしましょう!
  3. 週間BCNに掲載いただきました!
  4. 日経MJの野呂エイシロウさんのコラムに取り上げていただきました!…
  5. 某雑誌社にインタビューいただきました!
  6. SoftBank Worldに行ってきました!
  7. 「第99回U2Aセンサーネットワーク研究会」に社長の夏井が登壇し…
  8. 「医療ICTビジネス研究会」in 富山に 弊社社長の夏井が登壇い…
PAGE TOP